ベビーマッサージが赤ちゃんの脳や体の発達に良い影響をもたらす理由

ベビーマッサージは赤ちゃんとお母さん、お父さんのふれあいのコミュニケーション。赤ちゃんは優しく肌に触れられることで良い刺激になり、脳や体の発達に良い影響をもたらします。免疫力や治癒力もアップするため、丈夫な体も作ってくれるのです。

ベビーマッサージとは?

ベビーマッサージとは、お母さんやお父さんが赤ちゃんにマッサージをすることで生まれるコミュニケーションです。

お母さんやお父さんが優しく赤ちゃんに触れることで、赤ちゃんは安らぎ、その安らぎが五感に良い刺激となり働きかけ、脳や体の発達に良い影響をもたらします。

赤ちゃんの時期から親子でスキンシップをとることは重要。肌のふれあいが親密感をより高め、赤ちゃんにもお母さん、お父さんにとっても絆を深めてくれるもので子育ての力、意識も高めていくことができます。

ベビーマッサージの赤ちゃんへの効果

赤ちゃんは、ベビーマッサージをされることにより安心しストレスが減り幸福感が増すといわれています。

また、脳の発達を促し免疫力を高め、筋肉の刺激により血行がよくなり新陳代謝の向上にもつながります。内臓の機能が向上するため、便秘や下痢などの解消にもつながり体調がよくなると言われています。

スキンシップで安心感を得て、適度な運動と刺激のため、よく眠るようになりミルクもよく飲むようになります。夜泣きが少なくなるため、成長ホルモンの分泌も多くなり、体の成長、運動機能の発達などの助けにもなります。

例えば、寝返りが打てるのが早くなったり、つかまり立ちができるようになるのが早くなったり、ということが運動機能の向上ですね。

ベビーマッサージのお母さんやお父さんへの効果とは?

お母さんやお父さんは、赤ちゃんと同じようにベビーマッサージを通じてスキンシップをとることで安心し、ストレスが減り幸福感が増すといわれています。

初めての育児で戸惑うことやわからないことはたくさんありますが、赤ちゃんに触れることで赤ちゃんの温かさ、柔らかさを直接肌で感じることができ、お母さんやお父さん自身もリラックスできます。

ベビーマッサージをしながら、歌ったり話しかけることで赤ちゃんに愛情がさらに伝わりやすくなります。

ベビーマッサージをしながら赤ちゃんの体を観察できるので赤ちゃんの心や体調の変化にも気づきやすくなり、育児にも自信が持てるようになるので、赤ちゃんだけでなく、お母さんやお父さんにも良い影響をもたらしてくれます。

赤ちゃんとお母さんやお母さんの絆を深めてくれるベビーマッサージ。精神的なつながりだけでなく、赤ちゃんの心地よい刺激になり、脳や体の発達を助け、免疫力や内臓機能もアップしてくれます。

直接の肌と肌のふれあいがベビーマッサージ。赤ちゃんの肌を摩擦の刺激を防ぐためにもベビーマッサージをするときはオイルを使うのがおすすめです。保湿効果もあるので、日々の生活の中にベビーマッサージを取り入れていきたいですね。

もちろん、使うベビーオイルも赤ちゃんの肌に優しいものを選んでくださいね。