脂漏性乳児湿疹があってもベビーオイルは使える?

新生児の頃から起こりやすいと言われる脂漏性乳児湿疹。黄色いかさぶたのようなものが首から上にできて心配になるママも多いはず。一過性のものなのであまり心配することはありませんが、ベビーマッサージなどをするときにも気になりますね。脂漏性湿疹がある時はベビーオイルは避けた方が良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

新生児に見られる脂漏性乳児湿疹とは

脂漏性乳児湿疹(しろうせいにゅうじしっしん)とは、ほほが赤くなったり頭やおでこにかさかさとしたかさぶたができるなどの湿疹です。

皮脂の分泌が活発な生後3カ月までは湿疹になりやすい時期です。多くの赤ちゃんに見られ、かさぶたなどができるので心配されるママも多いでしょうが、時間が経てばだんだんと良くなってきます。

じゅくじゅくと膿んでくると、他の部分にうつることもありますので病院を受診したほうが良いでしょう。脂漏性乳児湿疹は、赤ちゃんの肌の抵抗力がつくころ、長くても1年後ぐらいには治ります。

脂漏性乳児湿疹のケア方法は?

脂漏性乳児湿疹のケア方法は、軽い症状であればきちんと洗浄して清潔にし保湿することで自然によくなります。

うろこの様なかさぶた部分は、傷をつけてしまう恐れもありますので無理に爪などではがさず、お風呂に入れる前にかさぶたをベビーオイルなどでふやかしてから洗うと少しずつはがれていきます。

逆にかさぶたが取れて黄色くじゅくじゅくすると、バイ菌が入ってしまうおそれがあるので病院を受診しましょう。

赤ちゃんの乾燥肌

特に冬場などに、腹部や首など衣服とこすれる部分が極端な乾燥によりかさかさになることがあります。

放置していると、かゆみが伴う湿疹へと悪化してしまいます。赤ちゃんの乾燥肌ケア方法は、きちんと洗浄して清潔にした後保湿をしっかりおこなうことでよくなります。

赤ちゃんの肌は、バリア機能も未発達ですので肌トラブルも多くなります。

おむつかぶれや、湿疹、アトピー、脂漏性乳児湿疹などお母さんが判断に迷われる場合も多いです。困った時は早期に病院を受診して悪化するのを防ぎましょう。

また赤ちゃんの爪を短くしてあげることで、かきむしりやバイ菌の感染予防にもつながりますのでケアをしっかりおこないましょう。

赤ちゃんの敏感な肌には添加物の入っていない、自然由来のものオイルやクリームで保湿するのがおすすめです。脂漏性湿疹は清潔にした後の保湿も大事ですので、肌に刺激のないものでしっかりと保湿をしてあげてくださいね。