赤ちゃんのデリケートな肌の保湿にもベビーオイルが使える

赤ちゃんの肌の薄さは大人の半分。とてもデリケートな肌でバリア機能もまだ未熟です。そのデリケートさからも赤ちゃんのうちはおむつかぶれなどの肌のトラブルも多く起きてしまいます。そんなトラブルを防ぐには肌のバリア機能をアップさせて乾燥や雑菌から守る保湿がとても大切です。

赤ちゃんの肌は大人よりもデリケート

生後3カ月頃までは、お母さんの女性ホルモンの影響で非常に皮脂分泌が活発です。この頃脂漏性湿疹になりやすいと言われているので、一過性のものとはいえ、清潔にしてしっかりと保湿するように心がけましょう。

特に顔と頭部は皮脂分泌が多い部位です。毎日必ずお風呂に入れてあげてしっかりと皮脂汚れを落とし、肌を清潔にすることで肌トラブルを予防できます。

お風呂に入る時に洗う石鹸もなるべく低刺激のものを選ぶようにし、赤ちゃんの肌に負担がないようにしましょう。

生後4カ月を過ぎた頃から大人以上に乾燥しやすい肌となりますので引き続きしっかりと保湿ケアをすることがとても大切です。

おむつかぶれ対策には

おむつかぶれによる肌の炎症は、おしっこやうんちから発生するアンモニアや酵素が原因です。

肌トラブルがあると、うんちやおしっこが長時間くっついていることでおむつかぶれとなってしまいます。ケア方法は、こまめなおむつ替えとお尻を清潔にしておくことです。

うんちはベビーオイルで汚れを浮かしてからとると刺激がなく取れます。うんちの後のおしりは、ぬるま湯等でしっかりと流しよく乾かしてからおむつをしましょう。

しっかりと流した後も保湿が大切。肌が弱って赤くなっている時ですので、なるべくケミカルが入った刺激の強い保湿剤は避け、自然由来成分で作られているような優しいベビーオイルで保湿してあげるのがおすすめです。

赤ちゃんの肌を健康に保つために

皮脂分泌が活発な時も乾燥しているときにもしっかりと汚れや皮脂を洗浄し保湿することが重要になります。

赤ちゃんの肌は表皮も薄く水分が蒸発しやすいため水分と油分のバランスがとりにくくなっています。

生後3カ月までの皮脂分泌の多い時期は洗浄で皮脂をしっかり洗い流し水分が逃げないように保湿することで皮脂分泌のバランスをとり、4カ月以上からは乾燥がはげしいため保湿をより重視します。

また健康な肌状態は、おむつかぶれや皮膚のトラブルを予防することにもなります。ベビーオイルは、保湿に優れていますので赤ちゃんの肌を健康にたもつために必要です。

しかしベビーオイルは、体質によっては肌に合わないこともありますのでパッチテストを必ずおこなってから使用しましょう。ベビーオイルを選ぶのであれば、添加物の入っていない自然由来で作られたオーガニックのベビーオイルが一番おすすめです。

毎日赤ちゃんと触れ合うなかで、肌の状態を観察してあげましょう。ベビーオイルを使うとのびも良いので、保湿の時にやさしくマッサージしてあげるのも赤ちゃんとの絆も深まりおすすめですよ。