赤ちゃんの肌に合ったベビーオイルを選ぼう!ベビーオイルの種類とは

ベビーマッサージをするとき、赤ちゃんの薄い肌を摩擦の刺激から守るためにベビーオイルを使うのがおすすです。使用するオイルは、赤ちゃんのデリケートな肌に直接使用するためどのようなオイルを使用するかとても大切。ベビーオイルはたくさんの種類があるので迷ってしまいますね。代表的なオイルの種類をご紹介します

ミネラルオイルとも呼ばれる鉱物油とは

鉱物油は、ミネラルオイルとも呼ばれ太古の生物が地中でゆっくり時間をかけて変化した石油を分留、精製し不純物を取り除いた油です。

代表的なものにワセリンや流動パラフィンがありますが植物由来の油に比べ吸収されにくく、肌に被膜を作りやすいのが特徴です。

石油由来で原料が安価なため、ベビーオイルをはじめとした多くの化粧品に配合されています。毛穴をふさいでしまうため、汚れや汗などを閉じ込めてしまい、汗っかきの赤ちゃんには肌のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

植物由来のオイルとは

植物由来のオイルとは、ホホバオイル、グレープシードオイル、アーモンドオイル、アプリコットオイル、スクワランなど植物を原料としたオイルになります。皮膚に浸透して、皮脂の酸化を抑え皮膚に栄養素の補給をします。

鉱物油と違い、肌に吸収されるため毛穴などを塞ぐことがないため、肌トラブルは起こしにくいですが、アレルギーがないかしっかりとチェックしてから全身に使うようにしましょう。

肌の弱い赤ちゃんにおすすめのオイル

肌の弱い、敏感な肌の赤ちゃんにおすすめのオイルは、植物由来のオイルが配合された自然由来100%の化学物質などを一切使用していないベビーオイルです。赤ちゃんに使うものですから、香りも控えめのものが良いでしょう。

植物に入っているビタミンや栄養素が肌の弱い赤ちゃんの皮膚に浸透して、皮脂の酸化を抑え皮膚に栄養素の補給をしてくれます。

ミネラルオイルなど鉱物油が入ったオイルと比べると、少々お値段が高いですが植物性オイルが配合され、その植物も農薬を使わないオーガニック栽培、原料の質の良いものを選ばれるのがおすすめです。

オイルを使用する前には必ずパッチテストをおこない、ベビーオイルが赤ちゃんの肌にあっているか確認してから使用しましょう。パッチテストは腕の裏側など、肌の柔らかいところに少量のオイルをつけ、24時間様子をみることですが、簡易的なものであれば15~30分ほどでもよいでしょう。

もし湿疹などが肌にできた場合は、使用を控え原因がオイルでないか様子をみるようにしましょう。もしかぶれが引かないようであれば、皮膚科の受診をおすすめします。

赤ちゃんの表皮は大人の約半分と言われています。そのため、肌トラブルも起きやすく、敏感でデリケートです。肌に直接触れるベビーマッサージ用のオイルはお肌への刺激の少ないオイルを選んであげてくださいね。